Entries Posts

人として生きていくために

Post Content

ずっと母に任せていた家事を、母が仕事に行くようになってからは、母の助けになればと少しずつ手伝うようになりました。遅かりし精神ではありますが、洗濯物を干したりちょっとした料理に挑戦してみたりといった感じです。

母が行っていた家事は想像以上に多く、これをずっと一人でやっていたのか、と頭が下がります。すべての家事をこなすとまではいきませんが、私の仕事が休みの日だけは少しでもゆっくりして欲しいと思っています。

家事を手伝うようになってから頑張ってみようと思ったものの一つが料理だったのですが、恥ずかしながら成人を迎えてもなかなか包丁をきっちり持つことに興味がなく、未だに皮むきもドギマギ状態です。

母の技を盗み見たりしているのですが経験が物を言うようで思うように包丁が使えていないのが現状です。それでも最近は自分なりに皮むきのスピードが早くなったのではないかと思っています。それでも母に追いつける日が来ることはないかと思いますが、自信は付いてきました。

そんな私の料理経験値はまだまだ浅いものの、野菜パスタに関してはある程度は美味しく作れる自信があります。キャベツやニンジンなどの野菜を切って炒めて、茹でたパスタと和えるだけの簡単料理ではありますが、母から美味しいよと言われ舞い上がっています。

パスタを野菜炒めに加えるだけで「料理をしたんだ!」という気分になってしまうので不思議です。味つけは私の好みで鶏がらスープが基本ですが、それがいいのよと母は言ってくれます。

料理をはじめ、母に習うことはまだまだ多く、自分なりに色々と工夫しながら一つ一つの家事のレベルを上げていこうと思っています。

探偵に浮気調査をお願いして正解でした

Post Content

私の旦那は、私の前に2回結婚していて、私もそれを承知で付き合っていました。一度目の離婚は性格不一致と、相手方の実家とも合わなかったとのこと。二度目も家事をしない事への不満だと聞いていました。

しかし、付き合い始める前に、この人の女癖の悪さが離婚の原因だったと感じましたが、特に将来的に一緒になる事も考えていなかった私はなんとなくで付き合い始めました。

すると、初めは他の女性の影がちらほらしていたのが、しばらくすると大人しく影を潜め始め、私との将来を語るようになった彼と一緒になることを考え始めました。

そうこう付き合いをし、親公認で同棲することになり、結婚しようかと話が出たところで妊娠が発覚しました。私との子供が欲しいと望んでいたので、きっと喜ぶと思い、それを伝えると「今回はおろしてほしい」と言われ、その一言でおかしいと思い、私は彼を疑いだしたのです。

とりあえずおろすことを拒否し、しばらく彼の様子を注意深く観察することにしました。

仕事の終わりが遅い日や連絡がつかない日、仕事が終わる少し前に彼の仕事場の近くに車を停めて、彼の車がある事を確認してから携帯に「今日は残業?」と連絡しました。

すぐに「うん。残業になってかなり遅くなりそう。」と返ってきました。するとすぐに仕事場から出てきて、一緒に住んでいる家とは正反対に車を走らせました。

私の車は彼にばれているので、後をつけることができませんでしたが、嘘をついていることがわかり、更に深く調べる決意をしました。

探偵に浮気調査をお願いして2日間かけて読み取った結果、私と付き合い始めた頃はまだ既婚者であったこと。その後、経済的の問題でとりあえず別れて、金銭的に落ち着けば再婚すると言って離婚したことが判明しました。

※高松の浮気調査できる探偵事務所⇒https://xn--lsvtkx2igrbg64frgu.com/

しかも、私と付き合っている期間中に3人目の子供が生まれていたとも書いてあり、別れる事を決めました。そして彼に全て知っていること、別れる事、どうしてそんなことをしたのかと問い詰めました。

すると彼は「勝手に携帯見るとか、後をつけるとかストーカーだろ!」「最低な女だな!」と私を罵るだけで、説明も謝罪もしてくれず、別れる事に関しても応えず、泣く私を放置して寝てしまいました。

その次の日にもう一度別れる意思を伝えましたが、別れるつもりはないと言われ、決着がつかないまま、子供もおろすことが出来ずに胎児認知だけしてもらい、出産を迎えてしまいました。

親にはなにも伝えてはいませんでしたが、朝に出産の時を迎えて、彼が仕事に行ってしまったことで隠せないと思い、出産直前に全て告白し、退院後は実家に帰ることとなりました。

彼は退院する一日前にやっと顔を出し、絶対別れる事、きっちりけじめはつけさせてもらう事を伝えました。
しかし、子供にとっては父親だから、この子の為に最初で最後に子供を抱いて帰ってというと泣きながら謝ってきました。

その後は携帯で連絡をとり、慰謝料や養育費の話を進めていたのですが、1か月経った頃実家に突然やってきたのです。

何しに来たのかわからずにいると、
「元嫁とは完全に縁を切り、すべて片付けてきました。(私)と(娘)ともう一度やり直すチャンスを下さい!」
と婚姻届を出して土下座したのです。

もちろんすぐに許されるわけはないのですが、誠意のこもった謝罪や二度としないといった誓約書を出してきたりで、何回も通い続け、ついには折れて一緒になる事になりました。

しかし、まだ隠れて連絡を取っていることを去年発見し、同じように別れるほどの喧嘩となり、携帯の中身のすべての管理をすることを同意させ、とりあえず別れずにいます。

別れられない理由として、去年2人目の妊娠が発覚し、現在出産前となってしまっている状況なのです。

バイト代を貯めて脱毛に通いたい

Post Content

パートを始める前に正社員で働いていた会社が廃業しました。ちょうど2年働いたところで、会社としてかなり大きな問題を起こしてしまい、社員一同頑張って対応していましたが顧客が次々と減り廃業となりました。

技術職に就いていましたが、最後の方は営業に外回りをすることも増え、通常の業務とは違うことに時間を費やしていました。

精神的にも肉体的にも疲弊していたところ、ちょうど結婚する話が出ていたので、一度仕事から離れて主婦業に専念することになりました。

とはいえ、急に暇な生活になると、どうしても外に出たくなってしまいます。病気や何か自分に原因があっての専業主婦ではなかったので、暇を持て余し、求人広告に目を通す日々でした。

そこで新聞の求人欄に小さく載っていた事務のパートに応募し就職しました。会社の業務内容に興味があったのはもちろんのこと、独立行政法人で民間企業ではなかったので、おそらく廃業することもないだろうと思えたのもその会社を選んだきっかけでした。

雑用係のようなあまり重い責任もない仕事で、仕事のやりがいや達成感のようなものはほとんど感じることはできませんでしたが、同じパート仲間に恵まれ働くことに疲れていた私にはぴったりの仕事でした。

ただ、この事務のパートだけだと収入的にもちょっと少ないので、週に2日間だけ知り合いが経営している居酒屋でもバイトするようにしました。

学生時代にずっと居酒屋ではバイトしていたという事もありますし、知り合いの店なので凄く働きやすく楽しいです。もともとお酒が大好き、っていうのもありますしね。

また、こちらでは仕事終わりに賄が出るのも嬉しいポイントですね。家で寂しく食事をしている主人には申し訳ないですが・・・。でもお金の為ですからね。

この2つの仕事でどうにか月々10万ちょっとは稼ぐ事が出来ているので助かってます(^^)/ もう少しお金が溜まったら、念願だった脱毛に通いたいと思っています。平塚市で脱毛に通うならどこが良いのか調べて、早く肌をきれいにしたいです!